視力回復

視力回復方法

視力を回復させるには、眼筋をまんべんなく使い、毛様体やレンズの働きに偏りが出ないようにすることが第一です。

そのためには、

  1. 遠近の両方を交互に見る
  2. 周辺視野を用いる

という2点が重要です。パソコンや本など、視界の中心部分だけを見ている状態が続くと、画面や紙状の文字が常に中心部分に来るよう眼球の筋肉が緊張状態で動き続けます。そうすると眼精疲労となり、目の調節機能が失われます。

ですので、外の景色を見るときのように、自然と遠近両方、上下左右の周辺視野もつかって視野全体をみることを続けることが、目の緊張を和らげ、視力の低下を防ぐこと、そして視力を回復させることにも繋がります。

視力回復トレーニング

こうした目の調整機能を正常に戻すための、様々な視力回復トレーニング方法が開発されています。

近視や遠視、乱視など症状によってどのような訓練をするか変わってきますが、キホンは目の調整機能の異常を回復させ、脳が目を通して受け取った情報を判断する能力を高めるという2つのステップを軸にしたものとなります。あまり構えずに気軽にできるものばかりなので、視力回復のために是非トライして欲しいと思います。

⇒視力回復 遊びながらのトレーニングで回復した視力を安定させる方法

ページトップへ